レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛は、メリットの方が多いのが事実ですがデメリットもあります。メリットだけでなく、デメリットについても知っておく必要があります。まず、休止期の状態にある毛には効果がありません。毛の成長サイクルには、成長期・退行期・休止期の三つのサイクルがあります。

 

 

 

成長期は、毛母細胞が分裂して新しい毛が作られる時期です。この成長期に脱毛するのが一番効果が得られるとされています。その後、休止期に入った毛は活動をしなくなります。この休止している期間ですが、約3ヵ月から1年という幅があります。

 

 

 

休止期にはあてることができないため、この時期に毛は生えてきます。そうすると、成長期に集中的にレーザーを当てることになります。この成長期である期間も限られているので、脱毛終了までには結構な時間がかかるといえます。

 

 

 

もう一つのデメリットとしてあげられるのが、脱毛箇所に隙間ができることです。メリットとして、一度に広範囲にレーザーを当てることができると述べましたが、レーザーの機器が丸い形をしているので、その部分しか当てられないことになります。くっつけて照射をしても、円と円の間にどうしても隙間ができてしまうのです。

 

 

 

照射できなかった箇所は、もちろん効果はあまり期待できません。このデメリットに関しては、最近四角い形の機器も発明されているようなので、近い将来には隙間のできることもなくすべてのムダ毛にレーザーが当てられるようになるかもしれません。デメリットについても、しっかりと理解しておきましょう。